仮想通貨(ビットコイン)取引所は3社以上の口座開設を行え!

仮想通貨取引所は国内外多く存在しており、どの取引所を使ったいいのか迷ってしまうことが多いでしょう。
特に今までトレードなどをしたことがなく、仮想通貨で初めてネットトレードの世界に飛び込んだという方は、最初に口座開設をした取引所(ビットフライヤーかコインチェックですかね?)をそのまま使っている方がほとんどだと思います。
そんな方はぜひとも3社以上の取引所で口座開設を行って欲しいですね。
今回はその理由と注意点について解説していきます。

複数の取引所で口座開設をしておいた方がいい理由

口座開設費用が無料

2018年現在、どこの仮想通貨取引所でも口座開設手数料、口座維持手数料が無料です。せっかく無料ならば色々作っておいたほうが選択肢が多くていいでしょう。

購入できる仮想通貨の選択肢が増える

単一の仮想通貨取引所を使っているとその取引所で扱っている仮想通貨しか売買できません。例えばbitFlyer(ビットフライヤー)ではXRP(リップル)やXEM(ネム)を購入することができません。逆にCoincheck(コインチェック)ではMONA(モナーコイン)の購入はできませんね。Zaif(ザイフ)という取引所では更に細かいトークンレベルのコインの購入も可能です。
購入できる仮想通貨の選択肢を増やすためにも、複数の取引所で口座開設を行っておいた方が何かと便利かと思います。

取引所によって売買手数料・スプレッドに差がある

仮想通貨の取引所は外貨を扱うFXと比べて未成熟な部分が多く存在しています。その結果、取引所によって手数料の違いどころか、レートの違いまで発生していることがあります。その時々で最も有利な価格の取引所で取引を行えば、損をしてしまうこともないでしょう。
あまりに価格差が出てきているときにはアービトラージという方法でも、利益を獲得できることもあるかもしれません。

アカウント登録した後もすぐにトレードを開始できるとは限らない

急騰している仮想通貨があるからと、急いで他の取引所で口座開設を行った場合でも、本人確認が完了するまでは取引できない、もしくは額に制限があるなどの問題があります。あまり使わない場合でもとりあえず口座を作っておいた方がいいでしょう。

複数の取引所で口座を持つことの注意点

パスワードやアカウントの管理

ものぐさな方は全ての口座のIDやログインパスワードを同じにしてしまっているかもしれません。面倒かとは思いますが、それぞれ別のパスワードを設定しておいた方がいいでしょう。二段階認証などを設定していたとしても、スマートフォンが盗難にあってしまっては自分の資産がどこに行ってしまっても文句は言えません。

自分の資産の管理

複数の取引所を利用して、トレードを行っていると、自分がどれくらい資産を持っていたのか分からなくなってしまうこともあります。
いつか売ろうと思って適当に持っていた仮想通貨が気がつくと暴騰しており、そして売るタイミングを逃してしまっていた、ということも多々あります。
今はAPI連携などでいろいろな取引所に点在している資産を一括管理することができるサービスやアプリもありますので、有効活用してきましょう。

無料の今だからこそ、口座開設をしておこう!(まとめ)

現在、仮想通貨取引所は群雄割拠と言っていいでしょう。
そしてここから淘汰が開始します。
一つの取引所だけを使っていると、その取引所がなくなってしまった時にかなり困ったことになるでしょう。
今のうちに複数の取引所で口座開設を行っておき、そのような自体に備えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です