仮想通貨(ビットコイン)取引所を選ぶときの重要ポイント5つ!

ビットコインを始めとする仮想通貨が空前の大ブームです。
その昔、FXが流行ったときにはミセス・ワタナベなど、主婦なのに何億円も稼いだというニュースを耳にしたことがあるかもしれません。
それ以上の盛り上がりを仮想通貨投資では感じます。
投資家はもちろん、サラリーマンや主婦、学生に至るまで仮想通貨には興味を抱いているようです。
自分もやってみようと考えてあなた。まずは取引所を選ぶ必要があります。
しかし色々な種類が存在しており、どれがいいのか分からないと迷ってしまうこともおおくあるかもしれません。
今回は仮想通貨取引所を選ぶ上で、欠かせない5つのポイントをお伝えいたします。

  • セキュリティの高さ
  • 取引手数料の安さ
  • 取引ツールやスマホアプリの使いやすさ
  • 運営会社の安定さ
  • 取扱っている仮想通貨の種類

セキュリティの高さ

取引所を選ぶ時に最も重視して欲しい部分がこの「セキュリティ」の部分です。
取引所には毎日沢山のお金が集まってきています。そしてそれはデジタル的に管理されています。
ということはハッカーのターゲットになるということは想像に難くありません。
過去にいくつもの取引所がハッカーの手によって、不正に資金を奪われてしまっています。
その取引所はどのようにして不正送金を防いでいるのか、また奪われてしまったときの保障はあるのかなどをチェックしてください。仮想通貨取引所をセキリティごとに比較したい方はこちら
ハッカー対策の一部を紹介しましょう。

コールドウォレット

取引所で預かっている資産をオンラインから切り離すことで、外部からのハッキングを不可能にするという方法です。取引所内部に犯人がいない限りこれで外部の人間に奪われる心配はありません。ただし取引を行う場合には今一度オンラインにつなぐという作業が発生するため、反映に時間がかかってしまうことが難点です。

マルチシグ

送金や取引の指示を出した時に、複数の承認を受けないとその指示を実行しないという技術です。もし取引所の一部のPCがハッキングの被害に合っても、他のコンピュータが承認しない限り、その指示は実行されないというものです。

二段階承認

ログインや送金、取引の際にメールやGoogleの認証システムを使って、本人確認を行う方法です。

 

取引手数料の安さ

仮想通貨売買の時に気をつける部分はここでしょうね。
数十円や数百円かと侮っていると、積み重なって何万円何十万円にもなっていることもあります。
また取引所で表示されている部分以外にもスプレッドといって、売値と買値の差額が発生している場合もあるので、忘れずに確認しておきましょう。

取引ツールやスマホアプリの使いやすさ

何万円何十万円、人によっては数千万円もの取引を行うのが仮想通貨取引所です。
だったら使いやすいツールがいいですよね。ログインせずともデモ表示ができるところもあるので、見てみましょう。

運営会社の安定さ

実は仮想通貨取引所を使ったトレードには大きなリスクを背負っています。それは自分が使っていた取引所がなくなってしまうというものです。
過去にはMtGOX社という世界最大級の取引所が破産し、そこにあったはずの資産はほとんど失われてしまいました。
このことから仮想通貨業界ではいなくなることをゴックスやGOXなどと呼ばれるようになりました。
法整備が整っていない現在では万が一そのようなことが起こってしまっても、戻ってくる保障はありません。
取引所の運営会社や資本金、経営状態のチェックもしておいた方が無難でしょう。

 

取り扱っている仮想通貨の種類

仮想通貨はビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルなど多くの種類があります。
しかも毎日新しいコインも作られてきていますので、今では1000種類以上のコインがあるというのが事実です。
もちろん全てのコインを一つの取引所で売買することは不可能です。ただどうせ仮想通貨取引所を使うのであれば、自分が購入したい仮想通貨がある取引所で口座を作りたいですよね。

 

自分なりの基準で仮想通貨取引所を選ぼう(まとめ)

日本国内で運営している仮想通貨取引所は基本的に金融庁の認可がおりているか、もしくは申請中のところです。
よほど悪いところはないかと思っています。
そう考えると自分が最も使いやすい仮想通貨取引所を探すことが重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です