仮想通貨(ビットコイン)取引所の手数料について

テレビでも新聞でもネットでも、最近では隣の人も仮想通貨について話題が上ることが増えてきました。
興味を持って自分も買ってみたいと考える人も増えてきている印象です。
そこで気になるのが「手数料」の部分。
実はビットコインを買うだけでも沢山の手数料が発生しています。
今回はどのような手数料が発生しているのか、またその手数料を抑えるためにはどうすればいいのかを説明していきます。

口座開設手数料・口座維持手数料

まずは仮想通貨取引所に自分の口座(アカウント)の開設をする必要があります。
幸いなことに現在、ほとんどの取引所では口座開設手数料は無料ですね。
維持手数料も必要ないので、今のうちにいろいろな取引所で口座開設をしておくことをオススメしておきます。

入金手数料

日本にお住まいの方であれば、まずは日本円を取引所の口座に入れないと、仮想通貨の取引はできません。
2018年現在、銀行振込による入金手数料は無料なところが多いですね。
ただし銀行振込手数料が発生してしまうので注意が必要です。入金額によって金額も変化しますね。
またコンビニやPaypal(ペイパル)を使ってのクイック入金やコンビニ入金には手数料が発生しまいます。クイック入金やコンビニ入金によって入金したお金は一定期間動かせない取引所もあるのでキチンと確認しましょう。

売買手数料

入金が完了したら次は仮想通貨購入です!ここでは売買手数料がポイントとなってきます。
まず販売所による取引と取引所による取引の2つがあります。両方の形式を採用している仮想通貨取引所では、どちらを利用するかによって売買手数料が変化することがほとんどなのでしっかりチェックしておきましょう。

maker手数料とtaker手数料

取引所形式の売買手数料にはmaker(メイカー)とtaker(テイカー)が分かれている場合があります。
これはどういうことかと言うと、自分で価格を指定して取引を行う場合はmaker(メイカー)手数料を参照し、すでに提示されている価格で取引を行う際にはmaker(メイカー)手数料を参照する形になります。一般的にはmaker(メイカー)の方が取引を主導しているということで有利な手数料になることが多いですね。

クレジットカードによるビットコイン購入は注意!

取引所によってはクレジットカードから直接ビットコインを購入できるところもあります。一見便利なように見えますが要注意です。
クレジットカードでビットコインを購入する場合は、個別の価格が設定されているところがほとんどであり、そのどれもがクレジットカード決済手数料が上乗せされています。よほどの理由がない限り、クレジットカードでビットコインを購入するのはやめておいた方がいいでしょう。

出金手数料

ビットコインなどの仮想通貨の出金

今まで使っていた取引所では購入できない仮想通貨を買いたくなった場合は、別の取引所に移す必要があります。そのときにも出金手数料が発生します。ここは取引所というよりも、取引所内のウォレットがどのようになっているかで変わってきますね。
固定の取引所と出金額によって変化する取引所があります。自分の使っている取引所がどちらなのかは確認しておいた方がいいでしょう。
また取引所によっては一日に出金できる額が制限されているところもあります。注意してください。

日本への出金

日本円として受け取りたいとなった場合は、受け取る口座によって多少変化してきます。
その取引所が受取口座と連携していれば、出金手数料が抑えられる場合があります。
日本国内大手の取引所では「SBI住信ネット銀行」と連携しているケースが多いですね。

仮想通貨の売買には様々な手数料が発生する(まとめ)

ただビットコインを購入するとなっただけでも、様々な手数料が発生することがご理解いただけたかと思います。
一回一回の手数料は非常に少額でも積み重ねれば、かなりの額になってきます。
キチンと把握して有利なトレードを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です