仮想通貨(ビットコイン)取引所を選ぶときの注意点【取引所と販売所】

仮想通貨取引所で口座を開設し、さあビットコインを購入するぞ!と意気込んだときにつまづくポイントというのが、
「取引所」と「販売所」という二種類の方法があることです。
それぞれ果たしてどのような違いがあるのでしょうか?
小さなことではありますが、それぞれのメリットとデメリットを知った上でトレードを行わない場合、思わぬ所で損をしてしまうことがあります。
「取引所」と「販売所」の違いを見ていきましょう。

販売所【運営会社から購入する】

まずは「販売所」についてです。
これは簡単に言うと
「取引所を運営している会社から仮想通貨を購入する」ということです。
運営会社は沢山のビットコインなどの仮想通貨を保有しています。その仮想通貨の価格は運営会社が決めていて、その価格で購入するというのが「販売所」の形態です。
メリットとしてはよほどの暴騰暴落がない限りは問題なく表示されている価格で購入することができるということです。後述しますが取引所でトレードを行おうとした場合、買い手売り手がいないとトレードが成立しない場合があります。
デメリットとしては取引所の運営会社がその価格を自在に決めることができるというものです。
どうなってしまうかというと、取引所の運営費を得るために仮想通貨の売値と買値をずらして販売していることが可能となってしまうということです。売る時は安く、買う時は高くなってしまいます。
これをスプレッドというのですが、この差を運営会社が自在に決めることができるというのが最大のデメリットでしょうか。
取引手数料自体は安くても、スプレッドが大きくトレードしたら損をしてしまったということも発生してしまいます。
販売所で仮想通貨を購入する際は取引手数料だけでなく、スプレッドにも目を配る必要があるでしょう。

取引所【個人から購入する】

続いて「取引所」で購入するということについて説明いたします。
販売所が運営会社と仮想通貨取引を行うことだったことに対し、取引所で取引をするということは個人間の取引となります。
自分がこの価格で仮想通貨を買いたい・売りたいと宣言したことに対して、それでいいと思った人とトレードを成立させる、
もしくは誰かの買います・売りますという宣言に対して、その価格で了承したらトレード成立という流れになります。
株式売買の世界では板取引と呼ばれており、それは仮想通貨の取引でも同じように呼ばれています。
メリットとしては、間に運営会社が絡まないので、売買手数料が安く、販売所の方で問題となっていたスプレッドもほとんどありません。
デメリットは価格の暴騰暴落が発生したときに、取引の相手方が存在せず、いつまでたってもトレードが成立しないという問題が起こってしまうことがあります。

通常時は取引所を利用し、急激な価格変化が起こった際には販売所を利用する(まとめ)

仮想通貨のトレードを行う際に覚えておいたほうがいい「販売所」と「取引所」の違いはご理解いただけたでしょうか?
小さなことですが、知らないと思わぬところで損をしてしまう可能性があります。
使い方としては仮想通貨の暴騰暴落が起こっているときには、すぐにでもトレードを成立させるために販売所を利用し、
通常時は取引所で売買を行うことによって、取引手数料を安く抑えるという形で使い分けるのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です